うーぴん過去の事件簿4 外出

天気のいいある日の出来事でした。

ピンポーン♪

来客でドアを開けて話をしていると・・・

パタパタパタパタッ

『へ?!』

うーぴんが外に出て行ってしまったのです!!

追いかけるなぶ!

すでに姿は見えない!!

家の前にいた道路工事のおじさんに聞くも見なかったと言われる。

隣のアパートの方に向かい、大声で叫ぶ

「うーちゃぁぁぁぁぁん!!!(半べそ)」

しーん・・・・。

どうしよう?!

半ば諦めかけたその時・・・

カシャ、カショカショ

「ん?」

いたーーーー!!!

洗濯物が大好きなうーぴん。よそ様の洗濯物の上にいた模様。

なぶの呼びかけでベランダの手すり?に降りてきた。

ベランダのてすりで爪がカシャカシャ鳴った音で気付き発見。

すんなり捕獲し、家まではTシャツの中に入れて運んだ。

帰宅後、何も無かったかのようにエサをむさぼるうーぴん。

ほんと見つかってよかった~。

気をつけていたつもりなんだけど、扉を閉め忘れていたみたい・・。

ダメダメ飼い主でごめんね。もうどこにも行かないでね。

「ほんとに気をつけろよ!迷子になっちゃうダロ!!」

P1000195 びっくりだよ!

面目ない!!m( __ __ )m

が、

この一大事の最中、しまおは・・・

爆睡!!

ばかやろー!!!ι(`ロ´)ノ

うーぴん外出時間・・・約10分

| | コメント (6) | トラックバック (0)

うーぴん過去の事件簿3 発狂

1年前くらいのある日のこと、それはそれは恐ろしい出来事が起こりました。

なぶはその頃、ネットで文チョさんのページを見ることにはまっていました。

特に文チョさんのさえずりを聴くのが好きでした。

うーぴんはその声に興味津々(というか半パニック?)

何かいる~とスピーカーの周りを威嚇しながらぐるぐる。(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)

なぶはそんなうーぴんを見るのも好きでした(ひどい飼い主)

そんなある日、事件が起こったのです!!

なぶは何気に口笛でピヒョ~ピピヒョ~♪

うーぴんは慌てて唇の前へ。

なぶが調子に乗って続けていると・・・

「ウエァァァーーー!!キャルルルル!!!」

『痛いっ!!!』

そう、唇に噛み付いたのだ。

なぶは痛くて立ち上がった。すると・・・

ぷらーん

唇を噛んだまま全体重をかけてぶらさがるうーぴん!!

なんとか引き離す。だが、なぶが声を発すると

唇に向かって飛んできて噛みつきぶらさがる!!

その日は一日興奮状態。

仕方なく籠の中へ・・・。

P1000038 「出せ!この野郎!!」

次の日は普通のうーぴんに戻っておりました。ε-(;ーωーA フゥ…

しかし、その後数日間唇には三角のアトが・・・。

推察するに・・・

うーぴんはなぶの口の中に何かいるんだ!と思った模様。

どうしていいかわからず発狂Σ(゚д゚;) No!

今ではなぶが発してる音だと理解してくれている。

↓「僕だって怒るんだじょ!!(怖いんだもん)

P1000216_2

教訓・・・イタズラはほどほどに!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

うーぴん過去の事件簿2 水浴び

うーぴんは水浴びをはじめるのが遅かった。

水浴びの容器は見向きもせず。(カゴに入れたら糞まみれ・・。)

アウターバードバスは怖がって近づかず。

どうしたもんかなー?と思っていた。

ある日、なぶが飲んでいたジュースのグラスのまわりでパタパタし始める。

お?!水浴びしたいのか?と思って水浴び容器を近くに置くが無反応。

しつこくグラスの周りでパタパタ。(それでは濡れませんよ。)ヾ(・ω・o)

なぶは相当迷ったが、ジュースの入ったグラスと同じものに水をナミナミ入れて

うーぴんに差し出す。

すると・・・。

P1000127_1 

グラスのふちにとまりパチャパチャしはじめた!!Σ(・ω・ノ)ノ!

それは浴びにくいだろう・・・。というか、頭しか濡れないじゃん!!

でも、何故かうーぴんはグラスを水浴び容器と認定したようだ・・・。

長い間このグラスで水浴びしてたけど、現在ではこの形。

透明のガラス容器なら大丈夫かな?と思い変更。

P1000386 P1000387

すんなり受け入れてもらえた。

もっと浅く広いのにしたら飛び込んでくれるだろうか?

多分無理だろうな~σ(^_^;)

しかし、変な水浴び~w

↓「変って言うなやー!!!」

Photo_64

| | コメント (6) | トラックバック (0)

うーぴん過去の事件簿1 ケガ

なぶがブログをはじめたのは1ヶ月前くらいからだけど、

その前にも色々な出来事があった。

それをふと思い出した時に書いていきます。

P1000050

まず、うーぴんを飼いはじめて1ヶ月くらいだったかな?

突然脚をひきずるようになった。

文鳥飼育初心者のなぶは大慌て!!

病院に連れていかなきゃ~っと思ったけど、病院がどこにあるのかわからない(TmT)

しかも、まったくこの土地になじめずにいた・・・。(さらに方向音痴である。)

鳥を見てくれるところを、タウンページやネットで検索。

しまおに無理を言って連れて行ってもらった。(ケガ後2~3日・・・)

最初に連れて行ってもらったところは、

「鳥を診れる先生が不在です。」と言われた・・・。

泣く泣く帰宅。でも諦めるワケにはいかない!!

電話をかけまくってようやく1件ヒット☆

わかりづらい所にあるからちょっと迷っちゃったよ・・・。

まぁ、何にせよ、医者に診てもらうことができた。

診察中、先生の指を力いっぱいカミカミ・・・。∑(; ̄□ ̄A

「捻挫でしょう。お薬だしときますね」と言われた。

大事に至らなくてよかった~っと一安心。(どこでひねったのかは分からずじまい)

まだ、挿し餌をしていたので、エサの中に薬を混ぜて与えた。

が、どうやら薬はまずいらしい・・・。

すごい顔をして吐き出す!拒否る!!

が、無理やり突っ込んだ。

あ、治ってきたな~っと思えた頃再び脚をひねる・・・。(´Д`|||)

それも完治して今ではなんともないですけどね。

まぁ、何度か書いた気もするけど、

これがきっかけで1本脚寝は習得できなかった。(止まり木で寝れずふごで寝てたから)

治ってからも、かなり長い期間ふごで寝ていた。

現在もふごは遊び場として使用し、卒業できずw

至らぬ飼い主を許してねm(_ _)m

P1000073 

| | コメント (0) | トラックバック (0)